村の大人が中学生に1対1で性交の仕方を教える『儀式』 | エロ体験談
人気体験談
スポンサーリンク

村の大人が中学生に1対1で性交の仕方を教える『儀式』

     
今現在は多分ないと思いますが・・・
昔、柏木ハルコ著書『花園メリーゴーランド』という漫画を見て衝撃をうけたのですが、実体験(フィクションも入ってるとは思いますが)の、そーゆー風習の村に迷いこんでしまったお話でした。
推定20~30年前の体験談と思われます。
内容としては、ある少年が実感の家宝を捜しに旅に出て、関係ない村に迷いこみ、悪天候で足止めをくい、その村の習慣である『儀式』に巻き込まれてゆく・・・
とゆうかんじです。
『儀式』とは、村の大人が、中学生ぐらいの男女に、一対一で性交の仕方を教える、というものです。
その漫画の中では中学生達は男女ともその習慣に従っていました。
当たり前のことだからと。
おそろしいですよね。
     
     
     
     
一人の少年が迷い込んだ人里離れたとある村。
そこは、現代の貞操観念とは大きくかけ離れた、奔放で独特な性因習を根強く残した、ある種の閉鎖的異次元空間。
「村」と言うどこか「暗く」「怪しい」閉鎖社会で、まるで食事や井戸端会議でもするかのような平常感覚で性行為に及ぶ村民達。
村の「非常識」な日常空間に閉じ込められて、村の部外者・相浦の「一般常識」は徐々に壊れていく・・・。
柏木ハルコの描く村女は、情念的でウェットでねっとりエロスで精神的に勃つ。
旅行先は父の故郷である谷竹村。
しかし、1日にバスが2本しか通らない田舎でまさかの寝過ごし。
仕方なく歩いて谷竹村に向かおうとするも日が暮れてしまう。
途方に暮れる夜道でバイクを走らせる1人の学生:澄子と出会い、1泊させてもらうことに。
澄子の家は民宿を営んでいるため相浦を宿泊させることに抵抗はなく難を逃れることに成功した相浦。
しかし、この集落に迷い込んだのが運の尽き。
集落は柤ヶ沢と言い、何やらよそ者を歓迎しないムードの人間も多くいた。
さらに柤ヶ沢に住む大人は考えられないほど性に対してオープンなのだ。
集落や民宿で色々とあり、相浦はこの集落から抜け出せないでいる。
その間、集落の様々な風習に触れることになる。
その一つが一定の年齢に達した少年・少女は大人の異性から性の手解きを受けることであった。
本来なら部外者の相浦は関係ないのだが集落の秘密を覗いてしまい、ある行事に参加することに。
相浦はその行事によって少年から大人の階段を昇る。
言ってしまえば集落に住む大人の女性に手解きを受け、童貞を捨てることになるのだ(笑)
     
     
     
     
  花園メリーゴーランド 2巻 ネタバレ
     
花園メリーゴーランド2巻で新たに登場する人物で抑えておくべきなのは「幸枝」(さちえ)くらいだろうか。
幸枝は埼玉で教員をしていて既婚だ。
柤ヶ沢には何かの用事で戻ってきているのだろうか?
この集落の風習に強い嫌悪感を持っているようだ。
1巻の最後でいよいよ柤ヶ沢から自宅に帰ろうとした相浦基一だったが、外界へつながる橋が壊れていた為、帰れず。
もうしばらく、柤ヶ沢のまさがやに宿泊する事になった。
相浦基一はこの集落が変だとはちょっと前から感じてはいたものの、その疑問をさらに強める。
一気に集落の人達が相浦基一に対してよそよそしくなるのだ。
澄子は澄子でなんかお化粧してオシャレしてるし・・・
何か特別な事がこの集落で行われるのか?
相浦基一は旅館のおばあちゃんに「今日は出かけるな」と言われてるんだ。
でも、そんなの無視で澄子に付いていく。
澄子がお守りを忘れてしまって、それを渡すために・・・
で、そこで相浦基一が見た物は男性に色々アレの指導を受ける澄子だ。
アレってアレだからな。
その行為を覗いていた相浦基一は混乱。
それに気がついた澄子は激怒。
当然だろ。
混乱した相浦基一は逃げ出して、道が分からなくなる。
それで人のいそうな公民館に行くが、公民館でも怪しげなイベントが開催されており・・・
その「イベント」は部外者には見られてはいけないもの。
部外者である相浦基一がそれを見てしまった以上、参加してもらうしかないらしい。
ビビりまくる相浦基一だったが・・・
結局、しっかり参加する。
なお、イベントの内容自体は男女ペアとなり、幼い男性に年上の女性が「やり方」を正しく教える楽しくも健全(?)なもの。
位置づけとしても集落ではおめでたいもののようだ。
次の日から相浦基一はなんとなく集落に溶け込んでいく。
まだまだ「他人」なんだけど、以前よりは周りの人間が気を許している気がする。
だが・・・
澄子と相浦基一の関係は相当こじれる。
まあ、のぞきをした相浦基一が悪い訳だが、澄子の方も多分、相浦基一が好きなんだろうなって感じ。
ここで話が進む。
谷竹村の寺で烏丸が見つかったらしい。
その刀を手に入れる為に相浦基一は来た訳だから、それがあればもうここにいる必要はない。
ちょうど橋も復旧し、帰れることになる。
橋を渡り、谷竹村に行って烏丸を手に入れる。
それで全てが終わる・・・そう思いながら相浦基一が橋を渡っていたら・・・
澄子が先回りして、谷竹村の寺で刀を貰ってきていた。
そして、澄子が刀を相浦基一には渡さずに目の前で橋から川に向かって捨ててしまうのだ。
怒った相浦基一だが、仕方なく橋の下にそれを探しに行き・・・
ずっこけてしまい気絶。
幸枝に拾われて、幸枝の家に行くことに・・・
烏丸は手に入らず、自分は気絶して、幸枝の家に。
雪が積もってしまうともう烏丸は見つからない・・・
相浦基一はまさがやに電話してマサシ(澄子の弟)に「烏丸を取ってきてくれないか」と頼む。
マサシはある条件を出し、相浦基一の提案を飲んだ。
それは幸枝の妹にマサシが夜這いに行くので、それをサポートしろ・・・というものだった。
     
     
     
     
【 動 画 】 
     
【あらすじ1】 花園メリーゴーランド-bzpskabnw
     
【あらすじ2】 
     

タイトルとURLをコピーしました