姉ちゃんのオマンコ見せてもらった。 | エロ体験談
人気体験談
スポンサーリンク
【公式】エッチな体験談

姉ちゃんのオマンコ見せてもらった。

 俺が中3のとき、今から30年以上前でインターネットで無修正などなく、エロ本もどうしても女の見たいところは全て修正されていました。
 夏休みに姉と2人っきりのとき、ノーブラ・ワンピース姿を見て興奮して、姉に裸が見たいと頼んでみました。
 以下は会話。
俺 「姉ちゃん、あそこが見たい、勉強が手につかない。」
姉 「エー、はずいよ。私だけ見せるやだよ。あんたも見せてよ。」
俺 「わかった、脱げばいいの?」
姉 「エー、今から?ちょっと待ってトイレに入ってくる。」
 と言って、姉はトイレに行きました。そこで、俺は姉がトイレに行っている間に、ためらい無く全裸・すっぽんぽんになりました。
姉 「もう裸になってるし。どうしても見たいの?」
俺 「どうしても見たい。」と言うと
姉 「仕方ないわね。」と言って、ワンピースを捲り上げました。すると、トイレであそこを洗ってきたときに、パンティを脱いだらしく、黒々としたヘアが見えました。
俺 「あそこが見たい。」と言うと、姉はいすに座って、足を拡げました。
顔を近づけて、あそこをまじまじと見ました。初めて見る女のあそこに感動していると、
姉 「恥ずかしいよ。」と言いましたが、ずっと見つめていました。
姉の顔を見ると、顔を赤らめていました。鼻息がかかるくらいに顔を近づけて、見ていると。
姉のあそこがじんわりと濡れてきました。そこで、
俺 「舐めていい?」と言い、姉の返事を聞く前に本能から舐め始めました。
姉は「あ、あ」っと声を出して感じています。
姉 「ゆう(俺の名前)、すごいよ、我慢できないよ。」
俺 「姉ちゃんしたい、姉弟でしたら、ダメかな?」
姉 「ちょっと待って」と言って、手を導いて、姉の部屋のベッドに連れて行かれました。
姉はワンピースを脱ぎ捨てて、全裸になると、俺のギンギンのあそこにゴムをはめてくれました。
姉 「いいよ、来て。」と言って、ベッドに寝転びました。
俺は姉に上に乗ると、姉はキスをしてきました。そして、俺のあそこを導いて入れてくれました。
すぐに、射精してしまって、もう一度したいと俺が言うと、うなづく姉
親が帰ってくる夕方まで、姉が持っていたコンドームを使って、何度も何度も嵌め合いました。

それからは本当の仲のいい?姉弟になりました。初めて姉とセックスした日から、ほとんど毎日嵌め合いました。

姉 「溜まっていると勉強に集中できないからね、やりたくなったら、いつでも言いなさい。」と言いました。
俺は学校から帰ってくると、午後4時くらいで、姉はすでに家にいるので、
俺 「したい。」と言うと、そのまま午後6時くらいまで、何度も嵌め合います、最低でも2回は発射します。

夏休みの間中は、朝から2人とも全裸でいつもはめあっていました。トイレも小のときは開けっ放しだし、勉強しながら、飽きると、どちらかがクンニしたりフェらしたり、セックスの合間に俺は勉強していましたが、すっきりしてから勉強するので、はかどって成績は向上しました。

俺 「毎日求めてごめんね、しかも毎回2回以上もして。」と言うと。
姉 「大丈夫、ゆうもだいぶ上手になったし、気持ちいいから」と聞いて、ムラムラしてもう1回しちゃいました。
そういえば、Dカップだった胸もセックスダイエット効果から、くびれもできて、Fカップになったそうです。

冬になって、2人でコタツに入って並んで見ていたとき、姉が突然微笑んで、俺の右手を姉の股間に導きました。
ワンピースの下はいつものようにノーパンで、すっかり濡れています。一方、姉が俺の息子を触りだし、ギンギンになると、
目で「しよう。」と合図しました。俺は両親が目の前にいるので、どきどきしましたが、そのまま姉の部屋でバックではめました。

タイトルとURLをコピーしました