ジュニアアイドルの真実 | エロ体験談
人気体験談
スポンサーリンク

ジュニアアイドルの真実

金と権力を持つ大人の男と、幼さと可愛さのある少女。
テレビでスポットライトを浴びるアイドルを目指して、他の女の子を先んじるために、まだ発育途上の身体を大人の男に預ける少女。
まだ生え揃わない茂みにクッキリ割れる幼裂を広げられ、狭き幼穴を弄ばれる。
未熟な幼裂がツユを滲ませ、未熟な快感に戸惑う。
男と少女の交わりに愛はまったく無く、少女性愛と権力と言うお互いに有益な無いものを補うために交わり合うのだ。
メリメリと幼穴を拡げて幼膜を引き裂き、初潮前の幼穴を血まみれにしながらドクドクト欲望の子種を注ぐ。

実力だけで成功はないから、幼い股を開く枕営業が成り立つアイドルの世界。
ランドセルを背負ったままホテルへ連れ込まれ、幼い身体を好き放題に弄られ、いつ初潮を迎えるか知れない幼穴へ欲望の子種汁を注がれる。
アイドルと言う夢を叶えるために腰を振るうち、性の快楽に支配されていく。
利益と欲望だけでなく、性愛が加わり性欲に任せて性器が交わるようになる。
そんな過去を隠して、りアイドルデビューできるのはほんの一部。
残りは、やがてセーラー服性欲処理女子中学生として高値で売買され、政財界のアイドルと化し、地下ビデオへ流れて行くのだ。

タイトルとURLをコピーしました