お帰りなさいsex | エロ体験談
人気体験談
スポンサーリンク
【公式】エッチな体験談

お帰りなさいsex

このスレなんかだとありがちなんだろうけど
サークルの先輩にやられてたって事があった。
流れとしては
俺と付き合う前に彼女は処女を先輩に捧げ、その後先輩は1年間アメリカへ。
(スポーツ留学みたいな感じ。オリンピックいくかどうか位のサークル内でも別格の人だった。)

先輩と彼女は別れて彼女その間に俺と付き合う。
(俺は先輩と付き合ってたって事は知らなかった。)

先輩帰ってくる。帰ってくるや否や彼女とsex。
そしてサークルのお帰りなさい宴会の2次会で先輩彼女とやった事公言。
いい加減酔い廻った先輩が「昨日お帰りなさいsexしちゃったよ。」
「え?誰すか?」
「由紀だよ由紀。お前俺日本久しぶりすぎて帰ってきてもやる奴いねえから
帰ったって電話して即ハメだよ即。」
宴会の席の下の方で聞こえてなんだそれ。と。

俺が由紀と付き合ってるのはサークル内でも同学年の何人かしか知らなかったから
先輩の周りにいたような奴(それも先輩)は知らないで盛り上がりまくり

「まじっすか?あれ?先輩由紀と付き合ってましたっけ?」
「付き合ってねえよ。いいね、日本の女は。由紀とやったの久々だったけど超燃えた。
昨日7回やった。7回。」

俺は何言ってるんだか判らなくて固まるし
同級生の奴らは俺の顔見てるし面目は丸つぶれ。
かといってはるか上座の先輩に文句も言えず。

「どうやってやったんすか?」
「あ?昔やったからな。車の中でちょっと抵抗されたけど、あの女結構可愛いけどマゾだから。
俺のチンポ太いっつって喜んじゃって。」

猥談も飽きたのかその位で止まったけれどいたたまれなくなって俺中座。

その後の飲み会で先輩に俺が由紀と付き合ってるって誰かが言ったらしく
先輩から俺に電話。

「あー、○○?」
「はい。」
「あー、わり。お前が由紀と付き合ってるとか知らなくてさ。」
「・・・」
「まー、あいつ責めんなよ。結構無理やりだったからさ。」
「・・・」
怒鳴りつけたかったけどそう云う時って声出ないんだよな。

「な、怒んなよ。」
「・・・」
「判ったのかよ。」
「・・・はい」
俺超へたれ。

その夜は先輩のでかい身体に組み伏せられてた由紀を想像して怒りで眠れず。

次の日問い詰めたら
昔先輩に処女を奪われた事(大学入って直ぐ位。)
と、先輩から電話があって車の中で襲われた事、
車の中でやった後、先輩の家で朝までいた事を白状。

結構引きずったなあ・・・

タイトルとURLをコピーしました