隣のやくざ。 | エロ体験談
人気体験談
スポンサーリンク
【公式】エッチな体験談

隣のやくざ。

大阪近郊の古いマンションでしばらく独身で住んでた頃の話しです。隣には暗い感じのご夫婦がいて、挨拶程度でしたが、ご主人がマンションで個人で商売していたようで、郵便受けやドアにも○○企画とか会社名が張ってありました。

経営が苦しいのか、時々夜にドアを叩く音や怒鳴り声がして怖かったです。
ある夜騒がしいのでドアを開けたらかなりの黒づくめのややこしい男たちがドアの前にかたまっていました。

そして翌日お隣は誰もいなくなり、しばらくするとスキンヘッドの色黒の中年男が住み始めた。

いつもサングラスしてて、無愛想で昼間から家にいます。

僕は当時は学生で、わずかな仕送りとアルバイトで生活していました。

ちなみにそのマンションは叔父の所有で、叔父は東京に転勤で長く空き家だったのを貸してくれました。

ある夏の日、ベランダに出たら隣の人が裸でタバコを吸っていた。

ものすごい入れ墨、それ以上に浅黒い裸はかなりの筋肉質でボディビルしたみたいな体型でした。

管理人さんに聞いたら前の住民のご夫婦が手形を落とせず、やくざにつかませてしまい、返せずに、どこかに拉致されたらしく、借金のかたにやくざが住みついているらしい、との話です。

ある夜、ドアを叩く音がして開けると若い女の子が血相変えて入ってきて、お願い、助けて!と。

見たら裸足でよく事態が飲み込めないけどとにかく中に入れた。
どうも隣のやくざに連れ込まれて、レイプされ、やくざが寝た隙に逃げてきたようだ。

よりによって隣に逃げても、と思ったけど警察ざたにして逆恨みされたら警察も身の安全までは保証しないから、匿って様子見て逃がすしかなかった。

サンダル買ってあげて、隙を見てタクシー呼んで逃がしてあげた。
何日かしてベランダでまた一緒になった。

「兄ちゃん、いつぞはお疲れやね」
「エッ?」
「女、逃げ込んだやろ、あんた面倒みたったようやな、判っとたけどな」
「...」

「別にわし、女なんか関係あらへんしな、誘ったら付いてきよって、遊んだったら、夜中逃げよって」
「あんたに別になんもあらへんから気にせんどき」
「はい、済みませんでした」

「○○はわしらに不渡りつかましよってから、よう返さん、今この部屋1番抵当が銀行やさかい、わしら銀行から銭出るまで押さえとるんや」
「...」

「暇やさかい、女でも遊ばんとやってられんわ」

どうやって若い女の子を連れ込むかは判らないけど、よく話し声や泣き声はしました。

管理人さんに聞くと地元のかなりの有名な暴力団でしかもかなりの幹部らしく、時々子分が女の子を無理やり引きずり込むらしい。
女の子でも普通の子でなく、水商売とか家出少女とかのちょっと弱い立場の女の子らしい。

ある夜ピンポンと鳴って出ると見るからにやくざの金髪の若いのが、兄貴が呼んでます、とすごい低姿勢。
案内されるまま初めて隣に入ると普通の住まいの感じでガラガラの部屋を想像したけどちゃんと立派な応接室まである。

応接室には例のやくざがいて、女の子が3人いた。
「おー、お隣さんやね、どや、後腐れないおねーちゃん、抱いてみるか?」
3人の女の子も怖がる様子もなく、笑っている。

呼びに来た金髪もよく見るとまだ未成年っぽい、もしかしたら高校生くらいかも。

「あのー、いいです。明日早いし」
「部屋三つあるさかい、3組でどや?とも思ったし、気に入った子いたら連れ帰ってもええで、本人たちもその気やさかい」
「いえ、あの、ちょっと気が進まないし」
「さよか、ならええわ」

帰ろうとしたら1番近くの女の子が意味ありげに抱きついてきた。

「ねえ、良かったらしよ、連れていって」
ちょっと小柄で色黒っぽい、ボリューム感のある女の子だった。

「お願い、連れていって」

やくざは別の女の子の手を引いて隣の和室に行く。

それなら、とその女の子を隣の自分の部屋に連れ帰った。
「ありがと、まーちゃんでいいよ」
「まーちゃん」
「あの人らのお店で働いるから、別に全然なんともないけど、少ししつこいし、朝まで付き合わされるし、それにあんたは知らないやろけどあの人らおチンチンに真珠とか入れるんよ」
「真珠?」
「今はシリコンがほとんどやけど、実際痛いし、私は全然良くないし」
「話はよく聞くね」
「で、ひまやからあーしてお店の子を抱きに連れてくるのよ」
「へー、あの人お店持ってるんだ」
「あまり堅気のお店やないよ、出張ヘルスとか、スナックとか」
女の子に缶ビールを出してあげる。

「あの人ちょっと怖そうだしな」
「ううん、見た目怖そうだけど優しいよ、やくざ屋さんでも上の人は割と優しい、堅気の人には何もないよ」
「前女の子が逃げ込んで来たよ」 
「多分その時の口止め料だよ、それよりしよっ」
女の子は俺の下半身を裸にしておチンチンを含んでチュパチュパしてきた。
かなり勃起して来たら、女の子は全裸になって、俺も全裸になって、早速に立ちセックス、
その後一緒にシャワーしたりして、結局その晩7回しました。

まだ18才だとの事、締まりのよい柔らかい気持ちいいオマンコでした。
結構積極的で女の子ってかなり本当はスケベなんだな、と思う位セックスしまくりました。
初めてだけどお尻の肛門性交まで経験しました。入り口が狭くてきつきつなだけで中は柔らかいだけ。でも入り口のきつさで射精しました。

朝目覚めるとちゃんと朝ごはん作ってあって、
「昨日はありがとう」  

と手紙があった。
若い女の子なのに綺麗な字だった。

しばらくしてやくざ屋さんも銀行からいくらかお金が出たらしく、いつの間にかいなくなった。

タイトルとURLをコピーしました