Gカップの友人 | エロ体験談
人気体験談
スポンサーリンク

Gカップの友人

学生で貧乏暮らしをしていた頃、よくおれのトコで宴会していました。
当時、郊外に一戸建てを3人で借りていたのですが、たまたま一部屋あいていて、
いつも終バス逃したやつが常駐していました。
いつもは男ばかりで馬鹿話しながら酒を飲むのが常でした。

その常駐友人のひとり、B(♂)の友人C(♀)が、用事で100km先からきており、
その日は彼女も誘って宴会となりました。その段階で、空き部屋にC、
Bはおれの部屋のソファーで就寝、ということになり、Cは帰宅しないことがケテーイ。
Cは美人ではないがスタイルはいいです。(彼氏がいるのは確認済み)

友人Bは当時素人童貞で(風俗でとりあえず筆おろし)、性格的に非常に生真面目で
彼女いない歴=年齢でした。その生真面目さが今時珍しい「婚前交渉がないのが美徳」
ぐらいの堅物です。その上純情でホレっぽいタチ。そのころBには好きなひとがいました。

その日の宴会メンバーはその3人だけで、酒がまわると当然Bの堅物さに話がいきます。
おれ「だいたい女なんて押し倒されるのまってるトコあるんだぞ」
B 「そうか?」
C 「そーだぁ!」
と盛り上がる。

そうとう酔っぱらっていたので
おれ「じゃあ、今C相手に押し倒す練習しろ」
B 「できねーよ」
おれ「じゃあ、キスの練習しろ}
C 「そーよ、キスぐらい簡単よ」
と、Cもノリがいい。

Bは性格が災いしてこの場でも何もなし。ノリで物事が運ばないオトコです。

宴たけなわで泥酔状態。飲料がビールだけ(ただしふんだんにある)と言う状態で、
Bがトイレに行っている間に
おれ「キスぐらい簡単、なの?」
C 「オトコなんてさー、寝てみないとわかんないじゃん」

これでスイッチオンになり、いきなりCとキス。いきなりディープです。
Cも舌使いまくり。そのとき胸に手をやると、なんと、でかい!

おれ「巨乳?」
C 「うん」
おれ「Fぐらい?」
C 「Gだよー」
さらにターボスイッチオン。しばらく服の上から胸をサスサスしながらDキスしていると、
トイレの水音。急いで離れ、相談します。Bが今度トイレに行ったら、Bが寝る予定の
おれのソファーで寝たフリをすると言うことに。

Bが戻り、またBの堅物話で盛り上がりました。その間おれもCもBにビール飲ませまくり。
案の定、Bは再びトイレに行きます。Cは予定通り寝たフリ。

Bが再び帰還。
B 「何だよ、ねちまったのか」
おれ「そうなんだよ。しょうがねーな。(Cに向かって)寝るんだったら上(空き部屋)」
C 「やだー、ここがいい。ネル!」(これは打ち合わせ通り)

しょうがないからBが空き部屋に。おれはBのために布団を空き部屋に運びます。

Bにお休みなさいをして、戻ってみるとCはホントに寝ている。でもかまわず抱き寄せ
またキス。こんどはキスしながら上半身を脱がしにかかります。ブラウスを脱がすと
ブラに包まれたGカップがあらわに。萌えーです。すかさずブラをはずし、揉んだり、
舐め回したり、顔をうずめたりGカップを堪能します。
おれ「感じる?」
C 「乳首はすごく感じる。でも上から揉まれているのを見てると萌えー」
そこで乳首中心に攻め、こんどは下半身を脱がしにかかります。Cの手はおれの股間を
サスサス。

Cが全裸になり、おれは胸とCのすでにずぶぬれの股間をいじっていると
Cがこんどはおれのズボンを脱がしにかかります。脱がされるとおれの粗品はビンビン。
おれ「ちっちゃいでしょ」
C 「そんなことないよ。だいたいオトコってなんでみんなサイズのこというの?
   気持ちよければそれでいいじゃん」と、あっけらかんなお答え。
「こんどはあたし」と、バキュームフェラ。もうほぼ逝きそうです。
こちらも負けてはいられないので69に移行。おたがいベチャベチャ舐め回します。

場所をおれのベッドに移し、ゴムを装着し(彼女の要請)、まず正常位で挿入。
Cは腰使いまくりでこちらが折れそうなくらい。さんざんクチャクチャしたあと、
巨乳サン相手の時の定番、騎乗位に移行。巨乳萌えなおれはこれが大好きです。
感じてロデオする巨乳ちゃんの胸の揺れを見ているだけで逝きそうです。
腰を使うたびにタプンとゆれる豊乳。これは貧乳では味わえない。
ちなみにCは巨乳ですが、細めで、胸もたれておらず(砲弾型?)、おれには
理想の巨乳でした。

おれ「彼氏ともこんなにエロいセークスするの?」
C 「あっ、あーん、彼、あたしが初めての人だったみたいで、アッ」
おれ「で、Cが開発してるわけ?」
C 「あー、イイ! なんか、アッ、コンプレックスあるみたい」
おれ「満足してるの?」
C 「アッ、アー、ノーコメント、アン、アッ、アッ」
おれ「中とクリとどっちが感じる?」
C 「アー、アハッ、両方。アー、どっちも、ウン、せめてー、ア゙ーッ」

こんなトークをしながら正常位、騎乗位、寝バックと繰り返しながら一発目に2時間、
その後もう一発1時間しました。

「ア゙」は「ア」がのどで濁音になっている感じ。
打つときは「アガ」とか入れといて「カ」を消します。

一発目の後、
C「あーあ、酔っぱらってやっちゃった。我慢できると思ってたのに。」
と、コメントしていました。この子に生まれて初めて女性の側から、
「S君(おれのこと)、セークス上手だね」と言われました。すごくうれしかった。

翌朝、Bも交え朝食をとりましたが、BはCがそのまま爆睡したと信じていたようでした。

Cとはその後3ヶ月ぐらいでしたが会えばやってしまうセフレに近いお友達になり、
毎回濃厚なセークスをしました。ゴムを半ダース使い切って足らなかったこともあります。
巨乳チャンだったのでパイズリもしてもらいました。やったことなかったらしくて、
ビデオで見たのを参考に仕込みました。こっちが粗品なのでCチャンぐらい巨乳じゃないと
厳しいかな?飲んでもらったり、SM系とスカトロ系以外はほぼやり尽くしました。

Cとはいまは没コンタクトです。もう結婚したんじゃないのかなぁ。学生時代の思い出でした。
お持ち帰りじゃないけど泥酔と言うことでイイですよね。

支援ありが?です。またなにか思い出すまで支援部隊+過去ログうpに精出します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました